2018/08/15

手書きの手紙のパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ウチの息子が妻の実家に旅立ちました。

去年、初めて一人で飛行機に乗って行ったのですが、僕はハラハラドキドキだったのをよく覚えています。

ちなみに僕は小学生の頃、飛行機に乗ったことなど一度もありませんでした。

初めて飛行機に乗ったのは、20歳の時です。

20歳でもドキドキだったのですが、小学生の息子が一人で飛行機に乗って勇敢に関西空港へ飛び立っていきました。

 

その後、無事に到着した報告はあったものの、従兄弟たちと毎日大騒ぎして暴れまくっているようで連絡すらくれません。まぁ、元気にやってくれていればそれはそれでいいんですが…

 

昨年もそうだったんですが、従兄弟もウチの息子が遊びに来るのを首を長くして待っているようです。

待ちきれないから、いつも「はよ来い!」みたいな感じの手紙が届きます。

小学生同士なのでパソコンは使えないから、手書きで書かれた手紙が届くのです。

 

手書きの手紙のパワー

 

便利な世の中になったので、最近、手書きの手紙を見るケースは少なくなりました。

年賀状も手書きしている人は、昔に比べて圧倒的に減ったと思います。

ですが、ポストに届いているDMなどに紛れて、手書きの手紙が入っているだけですぐに目を奪われてしまいます。

何でなんでしょう?

って思ったら、単にと言うか逆にと言うか「目立つ」からです。

字体にはその人らしさや、手書きの温もりみたいなものを感じ取ることができます。

なぜだか、人をホッコリとした気持ちにさせてくれたりもします。

そして、簡単に捨てるわけにはいかないって思って、捨てずに取っておいたりもします。

 

ですが、そのような温もりのある手紙が親族からではなく、あなたがお気に入りのお店から届いたらどうでしょうか?

 

「何か、大切にされているな!」って思ったりしませんか?

もしそう感じたら、なぜだか他のお店には行きにくくなってしまいますよね。

そのお店のことを、またちょっと好きになったりしてしまいます。

 

とある美容室では、姉妹二人で経営していたのですが、ちょっとした隙間時間を利用してわざわざ手書きでサンキューレターを送るようにしました。

そのちょっとした行動が、数ヶ月間続いただけで劇的な変化を生むことになったのです。

サンキューレターが届いたお客さんから、逆に感謝されてお店に「手紙届いたよ。ありがとう」という電話が入るようになりました。お客さんも電話する必要はないのですが、嬉しくて電話してくるんです。

 

サンキューレターを取り入れているお店は圧倒的に少ないので、競合と差別化を図るためにもすぐに取り入れてみてはいかがでしょうか?大した費用もかかりませんし、お客さんにも感謝や温もりを伝えることができますし、お客さんの頭の中にある他のお店の選択肢を少なくても減らしてくれることは間違いありません。

 

引き出しを開けたら、たまたま従兄弟からの手紙を発見したので書いてみました。

沖縄 集客代行.com

関連記事

1枚のハガキDM

先日、ポストに1枚のハガキDMが届いてました。 それは、ずっと前から通っている歯医者さんからのDMで

記事の続きを読む

効果のあったDM

新規客の獲得よりも… すでに持っている顧客リストを活用した方が、よっぽど少なり時間とリスクで売上を見

記事の続きを読む