2018/07/31

売上が頭打ち?だったらこれを試して下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告やチラシを始めた頃。

そこそこ反応がとれていたのに、最近はメッキリ反応が取れなくなってしまった…

これは、ごく一部の方だけの話ではなくあちらこちらの業界で耳にする話です。

ここ最近では、無料アプリのアッテを使ってヘアサロン、ネイルサロン、マツエク、エアコンクリーニングなど様々な業界で比較的簡単に、しかも無料で新規集客ができていました。

しかし、残念ながらそのサービスはすでに終了してしまいました。

できることなら集客にはお金をかけたくはないですよね。それは僕も同じです。

 

さて、現在は昔に比べて、色んな情報が溢れかえっていますよね。

僕たちには毎日、テレビ、ネット、メール、折込みチラシ、ポスティングチラシ、DMなどから、処理しきれないほどあらゆる情報が入ってきます。

そのせいで、正確な情報を得るのが難しく本当は大切な情報だったにも関わらず後回しにしてしまったり、あっちに行ったり、こっちに行ったり、一体、どうすればいいのか迷ったりしたりもします。

 

新しい情報に振り回されてしまう?

 

いまはインスタがいいみたいだよとか、フェイスブック広告が熱いとか…

周りの人がそんなこと言ってたら、気になってしまいます。

沖縄は海外からのインバウンドが伸びていますよね。

特に中国や台湾からの観光客は、どこに行っても見かけたりすることは珍しくなくなりました。

そこに目を付けた、県内のあるラーメン屋さんの店主はインバウンド客を狙ってフェイスブック広告を試してみたのです。広告代理店に言われるがままに、大金を支払い、そして継続的な集客を望んで出稿したのです。

で、その結果はと言うと…

まったく反応がなく、広告費に使った100万円が一瞬にして消え去りました。

結局、もうかったのはその広告代理店だけです。

もしあなたのビジネスで、こんなことが起こったとしたらどうしますか?

 

売上が頭打ち

 

商品やサービスには自信があるのに。

一度、使ってくれたり試してくれれば、きっとその良さがわかるはずなのに。

これは商品やサービスに自信がある人ほど、その想いは強くなります。

そこで、もっと売上を伸ばそうとして広告やチラシの枠を大きくしたり、露出頻度を増やしたりしがちです。

もちろん、それでうまくいけば言うことはありませんが、競合がひしめく中、思い通りに行かないケースも多いのではないでしょうか。

どうしても売上を伸ばそうとする時、新規集客にフォーカスしてしまいます。

ですが一方で、少ないコストで集客に成功している人たちはまったく違うことを実践しています。

 

それは、一度でもあなたから商品やサービスを買ってくれた人たちにフォーカスしていることです。

新規集客をする時、顧客心理としては「本当にこの会社(お店)は大丈夫かな?」とか、「騙されたりしないのかな?」とか、半信半疑で第一歩を踏み出すのには多少の勇気がいります。

これは、あなたが初めて行ったお店を思い出してみると理解しやすいかと思います。

 

それに比べて、一度でも商品やサービスを買ってくれた人たちは、少なからずあなたのことや会社(お店)のことを知っているので、新規客に比べて集客しやすくなります。しかも、その人たちにアプローチするのには、広告やチラシを作成するよりも時間とコストを大幅におさえることができます。

 

で、どうやってやるの?

 

もしあなたが、これまで何度か失客した人たちにアプローチしてみたものの大した反応がなかったとか、広告やチラシにかける予算がないけどやってみたいとか、これまでとは違った集客を試してみたいとか、堅実で前向きな方なら、いい情報をご用意しています。

それが、無料レポートとなります。

このレポートでは、しばらく関係の途絶えてしまった元顧客などにアプローチする具体的な方法を知ることができます。このDMを実践するにあたって実践者の生々しい想いを知ることができます。

そして、どのような結果に繋がったのかを赤裸々に記載しています。

 

売上が頭打ちだったら、まずはこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

沖縄 集客代行.com

関連記事

LTVで対応を変える

LTVとは、顧客生涯価値のことですよね。 期間を生涯とするとちょっと予測しにくいので、1年で区切った

記事の続きを読む

入り口を広げる

  新規客を集客したいとき。 お客さんが最初の一歩を踏み出しやすいように、入口(間口)をグ

記事の続きを読む