2018/01/29

広告に立ちはだかる3つの壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと想像して欲しいのですが、

広告でもチラシでも新聞でもネットでも新規集客するとき、あなたはお客さんが最初の一歩を踏み出しやすい状況を提供していますか?

 

どういうことかといえば、例えば健康サプリメントを販売している通販です。

7日分を無料で配布したり、通常価格より大幅に割引していますよね。

いきなり通常価格で売ろうとしても、最初の一歩を踏み出してくれる人はきっと少ないでしょう。

でも、無料でお試しできたり大幅に割引されていれば、一度試してみようかなって気になる確率は格段にあがります。なぜなら、失敗したとしても大してリスクがないから。逆に言えば、販売している会社側がリスクをかぶっています。

これは、リスクリバーサルといいます。

きっと、あなたも1度や2度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

このリスクリバーサルを使うのと使わないのでは、売上が大きく変わってくることが実証されています。

 

例えば、

プロアクティブ:使い切っても返金保証。

ドミノピザ:満足できなければ返金。

 

この保証を悪用する人が増えるんじゃないの、と思うかもしれません。

が、それに反応してくれる人に比べればほんの一部に過ぎません。

 

さて、それでは今回のお題です。

あなたが使っている広告。

その広告に見込み客が思ったように反応してくれない3つの壁が存在します。

 

広告に立ちはだかる3つの壁

 

その3つの壁とは…

 

1. 読んでくれない

2. 信じてくれない

3. 行動してくれない

 

の3つです。

きっとそんなはずはないって思うかもしれませんが、売る側ではなく買う側の立場になってみるとわかりやすいです。

僕たちは毎日、テレビやラジオ、新聞、チラシ、ネットなど、様々な広告を目にしたりします。

ですが、自分に関係ないと思ったものは自然に防御反応が働きます。

そうなってしまえば、3つの壁どころか1つの壁も乗り越えることができていないのです。

せっかく広告に高いお金を払ったとしても、反応が薄ければ悲惨な結果が待っています。

 

どうやって3つの壁を乗り越えるのか?

 

1つめの壁を乗り越えるには、広告を見る人にとって魅力的なオファーが欠かせません。

オファーとはお客さんとの取引条件のことです。健康サプリメントの通販がやっている、無料オファーがあります。これは、注文しない方がもったいないと思わせるとてつもなく強いオファーです。思わずどんなものかと見てしまったりしますよね。

2つめの壁を乗り越えるには、事例や証拠の提示です。エステサロンやリフォームで言えば、before after ですよね。文字よりも写真は何倍も効果的ですから。事例や証拠があることで、より真実味が増します。

3つめの壁を乗り越えるには、限定することです。限定には数量や期間を限定することができます。いつでも手に入れることができるものって先延ばしにしがちです。でも、限定されていたら数量や期間が終わればもう手に入れることが出来なくなってしまいます。広告を見た人に行動を促したいのなら、必須項目となります。

 

この広告に立ちはだかる3つの壁を越えることが出来れば、きっと今使っている広告より反応をあげることができます。

どうせ同じ金額を払って労力もあまりかけたくないのなら、この機会にあなたの広告を見直してみてはいかがでしょうか?

 

PS

とはいっても、せっかく出来上がった広告がいいのか、悪いのか分からない場合は、こちらをチェックしてみてください。

沖縄 集客代行.com

関連記事