2018/01/20

お客さんを呼び戻す為の2つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前は頻繁に商品やサービスを買ってくれていたのに…

最近、メッキリご無沙汰だな~。

ってお客さんは1人や2人どころではありませんよね?

 

あなたにも、商品やサービスは気に入っているけど足が遠のいているお店や会社の1つや2つはあるのではないでしょうか。

 

では、そこそこ気に入っているのに、どうして足が遠のいてしまうのかというと…

単純に、「忘れているから」です。

 

そんなことはあるはずがない、って思いますよね。

でも実際は、ほとんどのビジネスの場合でそういうことが立証されています。

なんせ、商品やサービスを買わなくなった人の約68%がこれにあたるのです。驚きですよね。

そう言われてみると、僕も商品やサービスは気に入っているけど、最近、行っていないお店はいくつかあります。そして、普段あんまり思い出したりはしません。

 

現在は情報が多すぎる社会なので、毎日、テレビ、新聞、ラジオ、広告、チラシ、ネットなどから、あらゆる情報を浴びせられています。そして、自分に関係ないと判断されれば無視されてしまいます。

また、新しい情報もバンバン入ってくるので、あっちのお店が良さそうとか、こっちのお店が良さそうとか、簡単に浮気してしまう状況が整っています。

 

それなら、

どうやって約68%の人にお店や会社のことを思い出してもらい、また商品やサービスを買ってもらえるのでしょうか?

 

理由 + キッカケ

 

を、こちらから演出してあげることです。

広告でもチラシでもDMでもホームページでも、お客さんに行動を起こしてもらう為には、その理由とキッカケが大切になってきます。

 

あなたから、商品やサービスを買う理由。

そして、なぜ今買う必要があるのか、そのキッカケを演出して背中を軽く後押ししてやることで行動してもらいやすくなります。

 

逆に、理由やキッカケがないと重い腰をあげてもらうのは難しくなります。

 

例えば、失客したお客さんに来店や購入を促すハガキDMを送る時。

簡単なあいさつ文と、「また何か気になることがあれば連絡ください」とかを書いても、大した反応は見込めませよね。

なぜなら、そこには行動する理由やキッカケがないから。

ハガキDMを受け取る側の立場になれば分かりやすいです。

DMが届けば、あなたやお店、会社を思い出してもらうことはできるかもしれませんが、行動してもらうのは難しいです。

 

それにこの理由やキッカケは、何も失客したお客さんを呼び戻す為だけに使えるのではありません。

新規集客する為の広告やチラシ、既存顧客が他に行ってしまわないようにする為のDM、すべてに置いて使えてしまうのです。

 

とはいっても、新規集客にはそれなりの時間とコストが必要になります。そして、時間とコストをかければ成功するとは限りません。

 

それだったら、少ないコストとリスクで元優良顧客を呼び戻す方法を、まずは最初に試してみてください。

新規集客に比べて、大幅に時間もコストも削減できてしまうから。

 

ps

もしあなたのお店や会社から、1度でも商品やサービスを買ったことがあるお客さんの情報はあるがこれまで何もしてこなかったとか、お客さんに嫌われてしまったのじゃないかと思っているとか、最近メッキリ連絡が途絶えてしまって気になっているとかなら、まずはこちらを参考にしてみてください。

沖縄 集客代行.com

関連記事