2018/01/28

売れているのが1番とは限らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には、とてもたくさんの商品やサービスがあります。

似たものも多くあり、どれにしようか迷ってしまいます。

 

そういえば、ここ数年で沖縄県内の回転寿司事情が大きく様変わりしました。

はま寿司の出店から始まり、くら寿司、スシローと、どんどん店舗数を伸ばしています。

反対に、元々あった回転寿司屋さんは閉店に追い込まれてしまっている厳しい状況です。

 

僕は数年前、浦添にあったあるお寿司屋さんに通っていました。

大手チェーン店が出店する前で、それまで他にあったお店とは違い、こじんまりとしたお店でした。

でも、大将もそこのお寿司も好きでした。

ネタも大きくて新鮮で、こじんまりとした雰囲気がとても気に入っていました。

 

ですが、いつもお店にはほとんどお客さんの姿はありませんでした。

もちろん、出前とかの注文は時々入っているようでしたが店内はさみしい感じがしていました。

 

それから、何となく足が遠のいてしまい数年後に行ってみると…

お店はすでに商売をたたみ、閉店になってしまっていたのです。

 

お気に入りのお店がなくなってしまうと、やっぱりさみしいですよね。

その時は、お寿司食べたいモードに入っていたので別のお寿司屋さんに行きましたが、やっぱりあのお店に行きたかったという思いは変わりませんでした。

 

大将はとても明るい人柄で、お寿司を握るのが大好きなように見受けられました。

ネタにもこだわりを持って、いつも丁寧にいろいろと教えてくれました。

なのに何故、お店は閉店してしまったのか?

 

売り方が上手ではなかった

 

世の中で1番売れている商品やサービス。

はたして、それらは本当に他と比べて1番なのでしょうか?

例えば、マクドナルドは日本で一番美味しいハンバーガー店なのでしょうか?

 

ちなみに、マクドナルドは恐ろしくスピードが速いです。

2週間に1度は、新しくキャンペーンが始まるから。

飽きさせませんよね。

 

僕の行ってたお寿司屋さんは、少なくとも他より美味しかったしいつも満足していました。

お店に行くとニコニコと迎え入れてくれていました。

しかし、

そのお店から、連絡してくることは1度もありませんでした。

つまり、ここにちょっとした落とし穴があったのです。

それは、商品やサービスがいいからといって、必ずしもお客さんが来てくれるってことではないってことです。

商品やサービスを気に入っていても、足が遠のいてしまうことってありますよね。

 

待っていても状況は大きく変わったりしません。

商品やサービスの品質を上げようとしても、そもそもお客さんの数が減ってしまったら元も子もありません。

 

最近、足が遠のいているお客さんが多いな~と思っているのなら…

 

これを試してみてください

 

これとは、ハガキDMのことです。

この施策に挑戦した方々も、前は優良顧客だったのにその後、音沙汰がないお客さんにハガキDMを送ったのです。待っていては何も始まらない。それなら、ダメ元でやってみるか。

そんな思いから、第一歩を踏み出したのです。

 

これまで何度もお伝えしているとおり、新規集客には時間とお金がかかります。

初めて取引をするお店や会社には不安があるから。

でも、1度でも取引したことのあるお店や会社なら、何となくこんなお店なんだとか、こんな会社なんだとか、わかってくれているはずです。

だから、新規集客よりハードルは格段に低いのです。

それに、新規集客に比べてコストや時間も削減できます。

ちなみにこの施策をやった方々は、何度も同じことを繰り返しやっています。

何故だか理由はお分かりですか?

 

PS

そんな施策を知りたい方は、いますぐこちらをチェックしてみてください。

本屋さんでは手に入らない、赤裸々な情報を無料で手に入れることのできるチャンスだから。

沖縄 集客代行.com

関連記事