2018/01/25

一度、立ち止まってみてはどうでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーター・ドラッカーは言いました。

ビジネスとは、「顧客を創造し、維持すること」

とてもシンプルです。

 

商品やサービスを用意して、広告で顧客を獲得。

そして、その顧客が他社や他店に浮気しないように維持する。

 

顧客が獲得できなければ、維持はできません。

反対に、維持できなければずっと顧客を獲得し続けるために広告費が必要になってきます。

 

さてここで問題です。

一体、顧客の創造と顧客の維持。

どっちが難しいのでしょうか?

 

正解は…

 

顧客の創造です

 

新規集客は、顧客を維持するのと比べて数倍の時間とコストがかかります。

そりゃそうですよね。

初めて買う商品やサービス。

誰だって失敗したくないから慎重になります。

顧客を創造するとき、その第一歩を踏み出してもらうことに時間とコストがかかってしまうのです。

 

一方。

 

すでにあなたから商品やサービスを1度でも買ったことのある人はどうでしょう。

少なからずあなたの会社やお店のこと、商品やサービスのことはわかってもらえています。

なので、一番最初の慎重さや不安感は大きく下がっているはずです。

 

これまでたくさんの方とお会いしてきました。

みなさん、顧客の創造については一生懸命取り組んでいます。

毎月、フリーペーパーに広告を出したりSNS、ホームページ、まとめサイトなどを利用している方がほとんどです。

これって恋愛でいったら、相手の気を引きお付き合いする前の段階ですよね。

 

そして、何かしらを見たり聞いたりして、商品やサービスを買ってくれたお客さん。

あなたのビジネスと恋愛関係が始まりました。

 

お付き合いする前は、お金や時間をかけて相手の気を引くことに夢中でした。

そしてやっと射止めた相手。

なのに…

 

顧客の維持

 

商品やサービスを買ってくれたのに、その後は音信不通。

きっとまた買ってくれるだろうと、淡い期待を抱いてしまいがちですが…

これは、初めてデートに行ったけどそのまま音信不通とそっくりです。

あなたはいい関係を続けたいと思っているのに…

 

恋愛で言えば、好きな人なのにデート後に突然音信不通にはならないですよね。

今日はありがとうとか、楽しかったよとか、気持ちを伝えるのが普通です。

なぜって、これからも良い関係を続けていきたいから。

 

では、話をビジネスに戻します。

せっかくあなたから、商品やサービスを初めて買ってくれたお客さん。

いや~。お客さんが来てくれて良かったとか、儲かったで終わっていませんか?

 

最初の一歩を踏み出してくれたお客さんと、きっとあなたはこれからも良い関係を続けていきたいと思いますよね。

世の中には同じような商品やサービスを売っている競業がたくさんいます。

何もしなければ、競業にお客さんを奪われてしまうのです。

お付き合いが始まった相手をほったらかしにして、他の人に取られてしまうのと同じです。

 

もしあなたがビジネスを初めて1年以上経過しているのであれば、そろそろ一度立ち止まって顧客の維持にも注力を注いでみたらいかがでしょうか?

案外、売上をあげるヒントがここにあったりしますから。

 

ps

ビジネスを発展させていくために大切なのが顧客情報。

そしてもっと大切なのが、その顧客情報との関係性です。

沖縄 集客代行.com

関連記事

怠慢な人が陥るワナ

反応の少ない広告やチラシやホームページ。 これってタダのお金のムダ遣いですよね。 わかっちゃいるけど

記事の続きを読む