2017/03/30

売上を制限していませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔々、アメリカの鉄道会社の話です。

輸送手段が鉄道しかなかった時代、鉄道会社にライバルはいませんでした。

その後、輸送業界にトラックが出現し一気にシェアをもっていかれてしまいました。

それにも関わらず、鉄道会社はトラックでの輸送をすることはありませんでした。

 

鉄道会社は、自分たちのことを「鉄道会社」と定義していたからです。

もし鉄道会社が、自分たちは「輸送会社」と定義していたら間違いなくトラックでの輸送にも参入したはずです。

でもそうしませんでした。鉄道会社だという定義から抜け出せなかったから…

 

鉄道会社が衰退していったのは言うまでもありませんよね。

この話は、マーケティングを学んでいるとよく出てくる一例です。

 

何が言いたいのかというと、

整体院であれば、患者さんをマッサージするのが仕事だ!と定義すると、それ以上でもそれ以下でもありません。

案外気づきませんが、これって実は売上を制限していますよね。

 

もし、カラダ改善のプロだ!と定義すれば、カラダにいいモノをさらにオススメすることが出来ます。関節のサポーターだったり、体質改善するお茶だったり…

 

自分は○○だと狭い視野で定義してしまいがちですが、もっと広い視野を持って大きく定義することで、案外可能性が広がるって思いませんか?

関連記事

顧客リストの活用法

ある飲食店のオーナーさん。 いつか役に立つだろうと、飲食店では珍しく開店当時から顧客リスト(住所、名

記事の続きを読む