2018/09/17

新規顧客ばかりを追った名門ゴルフクラブの結末…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、ほとんどの経営者は新規顧客ばかりを追いかけてしまうのか?

新規顧客を集客する費用は、既存顧客を集客する費用と比べて5倍もかかるのに…

 

先日、たまたまネットで目にとまったニュース。

それが、新規顧客ばかり追って、破綻した名門ゴルフクラブの話でした。

 

端的にまとめてると、ゴルフクラブの会員数を増やすためにこれまで長年に渡ってゴルフクラブを支えてくれていた優良顧客に焦点を当てるのではなく、安売りを続けて新規顧客の集客に焦点を当ててしまった為に破綻した話です。

 

ゴルフクラブの雰囲気が、これまでの趣のあるクラブから安っぽいクラブに徐々に変わってきてしまいました。当然、昔からいる会員は退会してしまいます。そして、安売りで集めた新規顧客も通常の価格になる2年目にはほとんどが退会してしまう、まさに負のスパイラルに突入してしまったのです。

 

80:20の法則

 

あなたのビジネスを支えてくれている、つまり20%の優良顧客が80%の売上に貢献してくれているのが、この80:20の法則です。

 

商品やサービスの価値ではなく、安さだけを売りにし続けると当然、価格だけに目を向ける人が集まってきます。

そして、せっかく集めたお客さんなのにその後の戦略を持ち合わせていなければ、簡単に他へ行ってしまいます。

これは、穴のあいたバケツに水を入れ続けているのと同じです。水を入れても入れても、バケツの穴から漏れていってしまい、いつまで経ってもいっぱいにはなりません。

 

どんなに、広告やチラシ、ネットやSNSから新規顧客を集客できたとしても、穴を塞がないことにはいつまで経っても新規集客にお金と時間を使ってしまうのと同じですよね。

 

先ほど、お伝えしたとおり80:20の法則があります。新規顧客ばかり追っかけるのは、この法則に逆らっている行動です。つまり、釣った魚にはエサをあげないと言っているようなモノです。

 

どうしてもビジネスをしていると、以前、上手くいった方法を忘れられずにしがみつきたくなりますが…

20%の優良顧客を5%だけでも増やすことができれば、あなたのビジネスはいまよりももっと安定するはずです。

 

なので、ここらで一度立ち止まって既存顧客に注目してみてはいかがでしょうか?

 

PS

昔は優良顧客であったとしても、必ず失客する人はいます。

そんな方たちに、もう一度あなたから商品やサービスを買い続けてもらえたら、それはあなたにとってどれくらいの価値がありますか?

気になる方はコチラ

沖縄 集客代行.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

LTVで対応を変える

前の記事を見る

LTVで対応を変える

関連記事

顧客リストの活用法

ある飲食店のオーナーさん。 いつか役に立つだろうと、飲食店では珍しく開店当時から顧客リスト(住所、名

記事の続きを読む

LTVで対応を変える

LTVとは、顧客生涯価値のことですよね。 期間を生涯とするとちょっと予測しにくいので、1年で区切った

記事の続きを読む