2018/09/01

LTVで対応を変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LTVとは、顧客生涯価値のことですよね。

期間を生涯とするとちょっと予測しにくいので、1年で区切ったりもします。

 

お客さんの中には、色んなタイプの人がいます。

商品やサービスを毎月、買い続けてくれる人、3ヶ月に1回買ってくれる人、半年に1回買ってくれる人など。

 

あなたはLTVによってお客さんへの対応を、どう変えていますか?

 

例えば、毎月あなたから10,000円の商品やサービスを買い続けてくれたら、1年間で120,000円の売上になりますよね。3ヶ月ごとだったら、40,000円、半年ごとだったら20,000円。

ですが、もしあなたから毎月買い続けてくれているお客さんが失客してしまったら…

それだけでも、-120,000円ってことになりますよね。

そんなVIP級のお客さんが、一人、二人と減っていってしまうことを想像するだけで、ドキッとしませんか。

しかも、本来ならあなたのお店に使ってくれるはずだったお金だったのに、ライバル店のレジにそのお金が入ってしまうと考えたら…

 

ある美容室が取った施策

客足が伸び悩んでいたとある美容室。

お客さんのいない隙間時間を利用して顧客リストを見直しました。当然、お客さんの中には色んなタイプの人がいます。その中から、来店頻度が高かったり、単価が高かったりLTVが高いお客さんをまず始めに抽出しました。

そして、あるDMを送りました。

元々、お店に信頼感を持っていてお店のことが好きなお客さんです。でも、絶対に失客しないとは言い切ることはできません。ですが、その可能性を低くすることはできます。

それが、そのDMの正体です。

どんな内容だったか簡単にいうと…

 

「当店のVIPに選ばれました」という内容です。

お客さんは、きっとビックリしたかもしれませんが、そんなDMをもらったら決して悪い気はしませんよね。

そして、特別扱いしてくれるお店のことをもっと好きになってしまいますよね。

「DMが届いたよ。ありがとう」とか、そのDMを持って来店されるお客さんもいました。

 

しかも、こんなDMを送ってくるお店は滅多にありません。他でやってるって聞いたことありませんよね?

 

もしあなたが、VIP級のお客さんを絶対にライバル店に奪われたくないのなら、まずは日頃の感謝を込めてお客さんにサプライスをお届けしてみてはいかがでしょうか?

 

PS

お菓子などをプレゼントしても喜ばれますよね。あえて、食べきれないくらい沢山送ったとしたら家族や友人にお裾分けした時に、「こんなにどうしたの?」って聞かれるから。その時、あなたのお店がきっと話題になるはずです。

沖縄 集客代行.com

関連記事

売上の方程式

強い部分をもっと強くするよりも、弱い部分をもっと強くすることの方が簡単です。 そして、弱い部分をもっ

記事の続きを読む